よりいく
たのしさいっぱい
Raz-Kidsラズキッズ

Raz-Kidsラズキッズ、ORT、CTP| おすすめ英語多読教材

「自力読み」「多読」の英語教材として有名なORT、CTP、Raz-Kids を比較します。

そして、我が家が「自力読み」「多読」のために選んだ英語教材をご紹介します。

一番安いのは?

ORTは、高いです。

ELT

CTPも、高いです。

CTP

 

Raz-kidsは個人で購入しても年間110ドルです。我が家は共同購入で年間一人500円で利用しています。

一番面白いのは?

ORTは、登場人物が変わらないので、ストーリーが続いていく面白さがあります。

また、イラストにも面白いところや、話にオチがあるので、子どもにとってはとても面白い内容です。

CTPは、面白い話もいくつか入っていますが、全てが面白いという訳ではありません。1冊で物語が完結します。

Raz-kidsは、真面目な内容が多いです。ほとんどが、1冊で物語が完結します。

イギリス英語? それとも、アメリカ英語?

  • ORT イギリス英語・アメリカ英語選択可能
  • CTP アメリカ英語
  • Raz-Kids アメリカ英語

音源が楽しいのは?

CTPは「歌、朗読(大人と子ども)、チャンツ」が収録されているので、音源が楽しいと評判です。

ORT、Raz-Kidsにはその良さはありません。

我が家が選んだ「自力読み」「多読」のための英語教材

ORTとRaz-Kids

我が家は、男の子が夢中になって読めるような面白い内容の、ORT(Oxford Reading Tree)を「自力読み教材」としてメインで使ってきました。

しかし、揃えるのにかなりのコストがかかるのと、サスケの読むレベルはとてもゆっくり上がっているので、コストが安くて、初級の本がたくさんあるraz-kidsを導入することにしました。

 

また、ORTはどうしてもサスケの中では、

内容は面白いけど、お母さんに読まされている

感覚があるため、自分から読もうとはしません。

でも、いざ読み始めると内容が面白いので、とても楽しそうにしています。

 

Raz-kidsは、我が家で禁止しているゲームの要素、「ポイントを稼ぐとアバターパーツと交換できる」というシステムがあるので、サスケは嬉しいようです。

朝の時間が無いときでも、

本読むから、PC準備して!

と最初はせがまれました(最近はあまり乗り気ではない様子ですが、、、)。

あの〜、サスケさん。もう家を出ないと間に合わない時間ですけど〜

まだまだ時間の感覚が分からない小学校1年生です(笑)

 

ORTでは、サスケはまだ「stage 2」をやっと読めるレベルです。

Raz-kidsでAAの初級からスタートして、読むスピードがアップし、読める語彙が増えたら、ORTの次のレベルをサスケに勧めたいと思います。

結局、我が家の選択は、このままORTとraz-kidsの「両方」使っていく、ということになりそうです。

「面白いORT」と「単調だけど、音読ができて、冊数の多いraz-kids」があるので、我が家では、CTPの必要性は感じていません。

そのため、今のところ、使用する予定はありません。

Raz-Kidsラズキッズ&Raz-Plusラズプラスのまとめページ|子どもにおすすめの英語多読教材Raz-Kidsラズキッズ&Raz-Plusラズプラスのまとめページ|子どもにおすすめの英語多読教材 Raz-Kidsラズ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です