よりいく
たのしさいっぱい
どんぐり倶楽部

考える力が育つ、どんぐり倶楽部「どんぐり問題」

どんぐり倶楽部を知った「きっかけ」

必ず何かに取り組んでいると、「これは正しいことなのか?」、「弊害は無いのだろうか?」ということが気になるます。

というのも、七田式に取り組み始めたのは、サスケ(息子)が1歳を過ぎた頃。

七田式の通信教育を1年間取り組み、その後は、自宅で教材を購入して取り組んでいました。

「七田式教育の取り組み」については以下をお読み下さい。

七田式の口コミ| 通信教育・家庭で取り組んだ「感想」と「注意点」七田式の口コミ| 通信教育・家庭で取り組んだ「感想」と「注意点」 七田式と出会ったきっかけ 七田式のチラシが新聞に入っていたので、最...

しかし、サスケが3歳を過ぎた頃に、モンテッソーリ教育に出会い、モンテッソーリ「子どもの家」にサスケを入園させることになります。

そもそも、モンテッソーリ教育は、七田式のような「高速学習」を良しとしていません。

むしろ、「ゆっくり、じっくり、丁寧に」取り組むことを良しとしています。

「モンテッソーリ教育の良さや効果」については、以下をお読み下さい。

やってて良かった!モンテッソーリ教育の効果モンテッソーリ教育との「出会い」 コロ助は恥ずかしながらも、「モンテッソーリ教育」という名前は知っていましたが、実際にどういう教育なの...

モンテッソーリ子どもの家では、定期的にモンテッソーリ教育について保護者が学ぶ機会がありました。

学びを進める内に、「七田式を家でやり続けて良いのだろうか?」という疑問がコロ助の中に生じ始めます。

子どもの家には、「教育」に関心を持つ家庭が集まりますので、七田式を取り組んでいた方や、現在も取り組んでいるという方もいました。

 

けれども、モンテッソーリ教育と相反する七田式を続けていくことがどうしてもコロ助の中でひっかかります。

そこで、七田式の「弊害」について調べていく内に、「どんぐり倶楽部」「どんぐり問題」というものを知るようになります。

どんぐり倶楽部とは?

どんぐり倶楽部とは、糸山泰造氏が創始者です。

「どんぐり問題」という「算数の文章問題」を、絵を描きながら解くことで、新しい「思考回路」生み出し、「考える力」を育成していきます。

参考サイト「どんぐり倶楽部・糸山泰造さんインタビュー その1より」

どんぐり問題の「取り組み」について

どんぐり問題の「取り組み方」

参考サイト*どんぐり問題の取り組み方*(文責:どんぐり倶楽部)

  • 対象は、年長〜小6まで。
  • 読むのは1回、1文ずつ、ゆっくりと。
  • 取り組みは、1週間に1,2問。
  • ヒントは出してはいけない。
  • 「考えること」で「新たな回路」を生み出すことが目的。
  • 「正解」にたどり着かなくても、「思考回路」は増えていくので問題なし。

サスケの取り組みの「変化」

サスケが、年長になると、待ってましたとばかりに、早速問題に取り組み始めました。

 

用意したのは、スケッチブックと色鉛筆12色入り。
(コロ助は、節約して、100円ショップのスクラップブックにしてしまいました)

問題を選んで、スケッチブックの上に貼ります。

問題は、1度しか読んではいけません。

 

サスケは、初めて取り組むので、何をしたら良いか分からず、ぽかん。

・・・

 

絵を描くの!

としまいには、怒るコロ助。

 

んー、じゃあ、6

とりあえず、適当に答えを言って、その場を乗り切ろうとするサスケ。

 

ちが〜う!!

 

ちっとも、正解にはたどり着きません。

「正解」を出すことが目的ではないと分かっていても、つい正解を出して欲しくて、出してはいけない、「ヒント」まで出すコロ助。

もう、ほぼ答えを教えているのではないか!?

と思えるヒントまで出してしまいました、、、。

 

そして、サスケがポツリと一言。

どんぐり問題、キライ〜

 

ガビーん

 

まずい、まずい、これでは、まずい、、、

と思い、再チャレンジ。でも、また、同じことの繰り返し、、、。

 

・・・

 

しばらくお休みし、年長の夏休みの時間がある時にふと思い出してチャレンジ。

すると、どうでしょう。以前よりも、サスケ、絵を描けるようになっているではありませんか!?

親が頑張らせるよりも、その子の成長を待つ方が、双方にとって、ストレスが少ないのだなと感じた出来事でした。

 

年長で少しずつ取り組み方が分かってきたサスケは、小学1年生になった今は、「楽々」どんぐり問題を解いています。

どんぐり、簡単〜♩

と得意げです。

 

あぁ〜、良かった

とコロ助も一安心です。

どんぐり問題の購入

コロ助が購入したもの

コロ助が購入したもの
■商品A
The First Stepダウンロードのみ 10000円

The First Stepの内容

どんぐり問題のみ欲しい場合
■商品B
File: 良質の算数文章問題 全700題 7000円

どんぐり倶楽部の書籍

created by Rinker
¥5,500
(2019/09/22 21:40:48時点 Amazon調べ-詳細)

その他参考ページ

迷路のようなホームページです、、、。

 

バイリンガル育児の弊害!?「9歳の壁」を乗り越えられるかどうかが問題 サスケ(息子)は6か月の時から「英語でベビーサイン」、そして「母親が英語で話しかけること」を始め、10か月の時からDWEをスター...

 

  • テレビゲームの学年別限界時間

知人の中には、教育委員会に勤めている方や公文の先生がいますが、その方達のご家庭では、ゲームは全て禁止にしているようです。

モンテッソーリ「子どもの家」に通わせていた友人も、ゲーム禁止のところが多いです。

テレビゲームについて、賛否両論ありますが、コロ助は、ひとまずこちらを目安にしようと思っています。

■テレビゲームの学年別限界時間■
●あまりにも質問が多いので書いておきます。
●あくまでも「どんぐり倶楽部では」です。理由は幾つもありますが、子供の様子を見ていただければ分かります。

※限界時間ですので、もちろんコレよりも少ないほうがいいのですよ。
※必ず全くしない日を1週間に1日はとる。

どんぐり倶楽部公式ホームページより引用

テレビゲームの学年別限界時間
  • 小6—最長で1日30分(1週間では合計120分)
  • 小5—最長で1日15分(1週間では合計090分)
  • 小4—最長で1日10分(1週間では合計060分)
  • 小3—最長で1日05分(1週間では合計030分)
  • <この年齢以下では致命傷を与えかねませんので許可できません>
  • 小2—最長で1日00分(1週間では合計000分)
  • 小1—最長で1日00分(1週間では合計000分)
  • 年長—最長で1日00分(1週間では合計000分)
  • 年中—最長で1日00分(1週間では合計000分)
  • 年小—最長で1日00分(1週間では合計000分)

どんぐり倶楽部公式ホームページより引用

小学校1年生のサスケは、家で、国語(英語)を中心とした、市販の英日ワークブック(2018年12月〜はチャレンジタッチ)に取り組んでいますが、「算数」として親が一番大切にしているのは、「どんぐり問題」です。
難しい問題に出会っても、「絵を描けば、何とか解ける!」と自信を持ってくれるといいな〜
今は、学校の算数が大好きなサスケ。このまま、前向きに取り組んでもらいたいな〜❤️
・・・
にほんブログ村 子育てブログへ  
「どんぐり倶楽部」のどんぐり問題| 学校のテストの点数は気にする?「どんぐり倶楽部」の「どんぐり問題」| 学校のテストの点数は気にする? 我が家は、細々と「どんぐりく倶楽部」の「どんぐり問題」に取り組...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です