よりいく
たのしさいっぱい
教材(CD、動画など)

英語のインプットは、映像よりも「音声(CD)」をおすすめする理由

コロ助は本日、地域の子育て支援施設で英語のイベントを行ってきました。こちらはボランティアで月に1回行っています。

1才のお子さんを持つ参加者のママさんから、お家で英語に取り組む際は「映像はあまり観せない方がいいですか?」という質問を受けました。

生の体験を大切に

モンテッソーリ教育をまだ知らなかった頃は、映像は時間を区切ってサスケ(息子)に見せていました。主に、英語のベビーサイン( ベビーサイニングタイム)のDVDです。

しかし、モンテッソーリ教育と出会ってからは、できるだけ「映像」を制限するように意識しました(サスケの成長に合わせて、今は見せる時間を調整しています)。

 

「生の体験」を大切にするモンテッソーリ教育では、幼い内は、「映像は、見せない方がよい」と考えているからです。

例えば、「動物」のDVDを見るなら、動物園へ行って、「本物の動物」を見た方がよいと考えます。

「お花」を写真や映像で見るよりも、実際に手にとって、匂いをかいだり、色を自分の目で見た方が、得られる情報は多く、お子さんが学ぶことが多いからです。

お子さんのことを考えると、一番よいのは、「生の体験」です。

 

英語圏で、英語のネイティブスピーカーと生活するのが理想ですが、そうできない時、どのようにして、英語のインプットを得たらよいでしょうか?

インプットの与え方。「映像」それとも「音声」?

「映像」を見せることの「危険性」

脳へのインパクトが大

深夜の健康グッズを売っている番組。以前コロ助は、その番組で紹介されている商品を見ながら、「絶対に買わないな〜」「誰が買うんだろう?」と言いながら見ていました。

しかし、何度もその製品を見るうちに、気づけば買っていたのです。

「映像を見る」ことは、そのイメージが脳へ直接伝わりますので、強いインパクトをもたらします。

モンテッソーリ教育は、映像は「刺激が強すぎる」と言います。「強い刺激」ばかり受けていると、「本当に大切な、シンプルで素朴なものの良さ」が分からなくなってしまうと言います。

食事でも、濃い味付けのファーストフードやスナック菓子ばかり食べていると、素材そのものの味や風味、素朴な出汁の味が分からなくなるといいますよね。それと同じです。

幼い頃は、「映像」=「刺激が強すぎる」と覚えておきましょう。

受け身になってしまう

「映像」を見ている間は、どうしてもお子さんは「受け身」になってしまいます。楽しんで見ているようにみえても、「生の体験」と比べて、頭を使っていません。

「3つ子の魂百まで」と言うように、幼い頃の学習が、その子の人生の土台を作ります。

大切な時期だからこそ、「映像」ばかり見せるよりは、外へベビーカーでお散歩に出かけて、季節の匂いを感じたり、鳥のさえずる声を聞いたり、お友達と一緒に遊んだりする方が、学びははるかに大きくなります。

「映像」よりは、「音声(CDなど)」を

「映像」を見せるよりは、CDによる「かけ流し」をおすすめします。

音声のメリット

「映像」と違って、BGMとして「かけ流す」ことができるので、「映像」のように、「テレビの前から動かない」ということはありません。他のことをしながら聴くことができます。

例えば、

  • お子さんが一人遊びをしている時
  • 車の中で
  • 家事をしている時

かけ流すことができます。

「生の英語」は無理だけれども、しっかりと「インプット」を確保して、「英語回路を作りたい」「語彙を学んで欲しい」と思われる方に、音声(CD)のかけ流しはおすすめです。

音声を流す時のポイント

BGMくらいの音量で流す

お子さんに聴かせたいからといって、「大きな音量」で流すのはおすすめできません。音が耳障りで、むしろ嫌いになってしまいます。

小さな音でも、「脳」はしっかりと聴いていますので、BGMくらいの音量が適切です。

音声のかけ流しで育つ力

  • 聞く力が育つ
  • 想像力・イメージ力が育つ
  • 集中力がつく
  • 考える力が育つ
聞く力が育つ

音声の場合、聴いていることの「映像」はありませんので、耳から入る情報だけが頼りとなります。そのため、必然的に「聞く力」が育ちます。

「映像」がある場合は、どうしても「目」に頼りがちになってしまいます。

想像力・イメージ力が育つ

「映像」だと、例えば、主人公の髪の色や目の色、姿格好を目で見て理解します。しかし、音声の場合は、耳から「ことば」で入ってきた情報を、自分なりに想像して、イメージ化します。

また、「ことば」で表現されていない部分も、想像力を働かせて、イメージ化します。そのため、「想像力」「イメージ力」が育ちます。

集中力がつく

「かけ流す」場合は、BGMとして流しているので、集中して聴いていることは少ないかもしれません。

しかし、興味のある「お話」を流している時は、お子さんは「集中して聴く」ことがあります。

サスケもお話を集中して聴いていることがあります。その時は、おもちゃで遊びつつも、手が止まっています。30分以上のお話を集中して数本聴く時もあります。

「音声を聴く」ことを通して、「集中力」が育っていると感じます。

考える力が育つ

「映像」の場合は、どんどん映像が変わっていき、目からの情報が多く入るため、「頭を働かせて考えるゆとり」がありません。

しかし、音声の場合は、「耳」からしか情報が入ってこないため、「このことばはどういう意味だろう?」「主人公はどんな気持ちだっただろう?」と頭を働かせるゆとりがあります。

コロ助も毎日音声を流して聴いています。すると、色んな疑問が湧いてきます。聴きながら、「考えること」ができ、「考える力」も育ちます。

音声を「かけ流す」時の注意点

「音声」ならばよいからといって、ストイックになってはいけません。1日中ずっとかけ流すような極端なことを辞めましょう。

お家は、まずご家族にとって心地よい空間でなくてはなりません。そして、「ゆったり」「のんびり」お子さんと向き合う時間が必要です。

親子のスキンシップを取りつつ、隙間時間に「かけ流し」を行うのがよいと思います。

映像を見せる時に注意すべきポイント

映像を選んで見せる

それでもやはりこのご時世。お子さんに映像を見せる機会はあるでしょう。おもちゃ屋さんに行っても、小さなモニターにCMがたくさん流れています。

幼い頃は、スポンジが水を吸うように、「見たもの」どんどん吸収していきます。しかし、まだ幼いので、「物事の良し悪し」を自分だけで判断することができません。

そのため、お子さんが「目にするもの」は、保護者の方が選んであげなくてはなりません。

「お子さんに見せてもよい映像かどうか」吟味してから見せるべきでしょう。

時間を区切って見せる

また、ある程度お子さんが成長し、「映像」を見せるようになった場合も、しっかりと時間を制限することが大切です。

「英語のインプットが得られる」からといって、何時間も「映像」を見せるのは、よくないと思います。

 

以前「親子英語仲間」と会った時に、3歳のお子さんに3時間英語番組を見せているという方がいました。さすがに、それは長すぎると感じました。

「英語が話せる」の前に、忘れてならないのは、お子さんが、「人として豊かに成長すること」。

3時間も見ていたら、目にも悪いし、疲れるし、頭はその時間働いていません。そして、刺激は強すぎます。

 

楽だからといって、見せすぎには注意です。
(とはいえ、コロ助がダウンした時は、「映像」には本当にお世話になっています)

 

英語インプットのまとめ

できることなら「生の体験」を。

難しい場合は、BGMとして隙間時間「音声」のかけ流し。

そして、映像は「内容を選んで」「時間の制限」を忘れずに!

英語だけでなく、日本語も!子どものための欲張りな英語教材英語だけでなく、日本語も!子どものための欲張りな英語教材 お子さんが乳幼児の場合は、英語のみの掛け流しは効果的です。 しかし、お...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です