よりいく
たのしさいっぱい
ORTオックスフォード リーディングツリー

オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)の種類とおすすめ取り組み順|英語多読教材

英語多読教材| オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)の種類とおすすめ取り組み順

ORTは、オチがあって子どもウケがとても良いです。

また、イラストにも笑える仕掛けがあるので、イラストから面白い発見をするのも子どもたちの楽しみの1つです♩

とても有名なORT。

しかし、いざ買いたいと思っても、一体どんな種類があって、どれを選んだら良いのか、とても分かりづらいと感じます。

これからORTに取り組みたい方のために、ORTについて以下に説明します♩

最も安く済ませるには、「メインのお話だけ」を購入した方が良い、と考える方もいるかもしれませんが、フォニックスを学んだお子さんにとっては、フォニックスルールが100%適用されているものから、60%、そして「メインのお話」に移行した方が、とてもスムーズに読み進めることができます。

オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)とは?

オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)はイギリスの国語補助教材

Oxford University Press公式HP(日本語)

イギリスの約80%以上の小学校で採用されている「国語」の教科書

かわいいキャラクター達が登場するユーモアあふれる「オチ」がある短いお話が200話以上あり、すべてネイティブの子供たちが使う自然な英語でつづられています。

10段階にレベル分けされ、頻繁に使う表現が繰り返し登場するため、英語学習用としても最適。

物語はおもに主人公のキッパー少年とその家族や友達の日常生活を描いているので、まるで日本にいながらイギリスの家庭にホームステイしている気分も味わえます。

Oxford University Press公式HPより引用

ORTのキャラクター

キッパー、ビフ、チップ、フロッピー(登場人物ら)が大好き〜

と、小2のサスケ(息子)も言っています♩

目指せ自力読み!! ORTの種類とおすすめ取り組み順

目指せ自力読み!! ORTの種類とおすすめ取り組み取り組み順

  1. Floppy’s Phonics Fiction(フォニックスルール100%)
  2. Decode and Develop(フォニックスルール60%)
  3. Storybooks(メインのお話)
  4. More Stories A/B/First Sentences(もっと読みたい場合)
現在小2のサスケ(息子)は、レベル3を読んでいます。

レベル3に上がった時には、まずフォニックスルールに従った単語が多いシリーズ(Floppy’s Phonics Fiction)から読み、徐々に、フォニックスルールが少ないシリーズ(Decode and Develop→Storybooks/More Stories A/B/First Sentences)を読むようにしています♩

Floppy’s Phonics Fiction(フォニックスルール100%)

フォニックスを学んだお子さんであれば、100%フォニックスルールに基づいたFloppy’s Phonics Fictionは取り組み易いと思います。
注意点としては、フォニックスルールの単語で文章が作られているからといって、ページ数や文書が短いという訳ではありません。

また、フォニックスルールに基づいたリーディング本全てに共通することですが、物語の面白さはストーリー主体のもの(Storybooks)よりも劣ります。

単語選択が限られるため、文章がまどろっこしかったり、う〜ん。つまらないな〜と私は感じることが多いです。

あくまでも自力読みのための導入として捉えましょう♩

Decode and Develop(フォニックスルール60%)

フォニックスルールが60%適用されているので、Storybooks(メインのお話)よりも、息子も読みやすそうです♩

Floppy’s Phonics Fictionに比べて、お話の内容も楽しみながら読むことができています。

やっぱり、楽しくなくちゃ、そもそも読みたいという気持ちにならないですよね。

Storybooks(メインのお話)

難しいと感じる単語も出てきますが、Floppy’s Phonics FictionやDecode and Developを読んだ後であれば、比較的スムーズに読めると思います♩

More Stories A/B/First Sentences(もっと読みたい場合)

同じレベルでもっと本を読みたい場合は、More Stories A/B/First Sentencesへ♩

Oxford Reading Tree チャート(一覧)

・ORTチャート>> ORT_AllTitlePoster2018

このチャートには、メインのお話、More Stories A/B/First Sentences、Patterned Storiesが載っています。

Floppy’s Phonics Fiction(フォニックスルール100%)とDecode and Develop(フォニックスルール60%)は載っていません

一度に全てを購入できないので、既に購入して持っているものをまた買ってしまわないように、この一覧表でチェックしてから、コロ助は購入するようにしています♩

Oxford Reading Treeカタログ

・ORTカタログ>> books_for_children2019

ORTについて分かりやすく紹介されています♩

まとめ

以上、オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)の種類とおすすめ取り組み順についてご紹介しました。

まずフォニックスルールに従った単語が多いシリーズ(Floppy’s Phonics Fiction)から読み、徐々に、フォニックスルールが少ないシリーズ(Decode and Develop→Storybooks/More Stories A/B/First Sentences)を読むようにするのがおすすめです。

ORTは、正直高いと感じますが、お子さんが自力読みができるためには、とても効果的な教材で、金額以上の価値があると思います。

英語多読教材| オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)のお得なパックの種類とその他の気になる質問♩英語多読教材| オックスフォード・リーディング・ツリー(ORT)のお得なパックの種類とその他の気になる質問♩ ORTには、お得なパック...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です