よりいく
たのしさいっぱい
留学

我が子が英語を話せるようになったとしても、できれば日本で就職して欲しい親の本音

お子さんが英語を話せるようになったら、海外で働いて欲しいと思われますか?

私はそうは考えてはいません。

自分自身が留学して心に決めたことがあります。

私は日本で生きていく

という決断です。

私が日本で生活していくことを決めた理由

安全な国である

物騒は事件はどこでも起きていますが、それでも銃規制もあり、夜一人で歩くこともでき、真面目な日本人はルールを守る人が多く、私にとっては安全な国です。

以前カナダで会ったメキシコ人の友人に、

いい?メキシコに来たら、警察を信用してはダメよ

と言われて、衝撃を受けたのを覚えています。

えっ!!守ってくれるはずの警察を信用しないで、誰を信用したらいいの!?

その時、日本は安全な国なのだ、恵まれた環境で私は育ったのだと気づいたのです。

 

去年、シンガポールへ行ったときも同じように感じました。

シンガポールの人は、ガツガツ感がなく、デパートでTWGの紅茶を買いたくて、

ここでしか買えないですか?

と質問したら、

空港でも買えるし、税金かからないからその方がお得ですね

とアドバイスをしてくれました。

また、母がカバンをトイレに起き忘れてしまうというアクシデントがありましたが、掃除係の人が見つけてくれて、中身はそっくりそのままで荷物保管所に届いていました。

とても親切な国で、なんだか日本と似ているな~

と親近感を覚えました。

ご飯が美味しい

これは大事な問題です。どこで何を食べても大概美味しいのが日本です。住むのに「食問題」はかなり大きいです。

きめ細やかである

例えば、日本の洗剤のパッケージと海外の商品。手を汚すことなく、洗剤を詰め替えることができるのが日本の商品です。

このきめ細やかさに慣れてしまうと、海外ものが煩わしく感じます。

職がある

これは私が以前高校の先生に言われたことです。

例えばインターへ行き、アメリカで有名なハーバード大学やイエール大学に進学し、アメリカで就職できたとしても、日本で就職した時と同等の給料をえられるかどうかは疑問。

アメリカの就職事情では、アメリカ人であっても、大学を卒業した後に就職することが難しいのです。

ましてや日本人であればどうでしょうか、、、。よほど優秀でなければできないでしょう。或いは、職を選ばないか。

そう考えると、就職しやすく、希望する職につけることができるのは、日本の方が可能性が高いでしょう。

アメリカと日本の失業率

参考世界の失業率ランキング

  • アメリカ 83位 4.35%
  • 日本   102位 2.88%

実際は、アメリカの失業率の実態はもっと悪いであろうということが以下に書かれています。

参考本当はヤバい米国の失業率。統計に出ない「隠れた解雇」の増加で大不況目前へ

我が子の選択を親としてどう見守るか

サスケ(息子)が将来、

海外で就職したい!

と言えば止めはしません。決めるのはサスケ本人ですから。

しかし本音はというと、私は日本が大好きなので、日本でこれからも生活していきたいし、我が子にもそうであって欲しい、、、

という思いがあります。

「英語習得」したら必ずしも「海外で働く」のではななく、「英語」を使って、日本で、グローバル社会を生き抜いて貰いたい

というのが私の本音です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です