よりいく
たのしさいっぱい
育児エピソード

成長過程のバイリンガル幼児、英語と日本語で混乱!?

お父さん、このおかず、曲がっているから食べられないよ

「英語」で考えて「日本語」に訳す

サスケ(2011年生まれの息子)が1歳、2歳を過ぎ、幼稚園に入園する前の頃。サスケの母語は、「英語」でした。

日常のやり取りからも、この子は物事を「英語で考えているな」ということが分かりました。

 

例えば、こんなことがありました。父親は「日本語」担当コロ助は「英語」担当です。

我が家で3人で話すときは、コロ助とサスケは英語、サスケと父親は日本語です。

 

コロ助が、

”It’s turned”(「このおかず傷んでるね」の意味で使いました)

とサスケに伝えました。

サスケは、

「そっか〜、食べられないのか」

とコロ助の意図した意味を理解し、納得している様子でした。

日常でもturnということばを使っているので、turnの「傷む」という意味をサスケはその時点できちんと理解していました。

 

しかし、サスケが父親にこう言ったのです。

お父さん、このおかず、曲がっているから食べられないよ。

!?

どう見ても、おかずは曲がっていません(笑)

 

コロ助はサスケに英語で説明しました。

この意味のturnは、日本語では「曲がる」とは言わないよ。「傷む」なんだよ

すると、サスケは驚いていました。

いたむ!?そんなことばあるの!?

といった具合です。

 

「傷む」という日本語を知らなかったサスケは、turnの意味として、知っていることば「曲がる」を当てはめたのです。

そして、それは間違っているということを学んだのでした。

 

サスケは頭の中で「英語」で考えているのだな

とコロ助が感じたエピソードでした。

 

9 は「なな」で、7 は 「ナイン」

音の響で「7」と「9」が混ざってしまう

また、英語と日本語を習得しているがゆえの混乱もありました。

よくサスケが混乱していたのは、数字の「7」「9」です。

見た目が全然違うのに、何でいつも間違えるのだろう〜?

と思っていました。

 

よくよく考えて見ると、

英語だと、「9」は、Nine 「ナイン」というように、「ナ」の音で始まります。

そして日本語の「7」は、「なな」と発音します。

 

サスケは、「9」という数字を見て、

「なな」

と日本語で言います。

そして、「7」という数字を見て、英語で

”Nine”

と言います。

 

「な」の音にどうやら混乱していたようです。

 

「7」と「9」をしょっちゅう間違えていたサスケですが、、、

3歳後半になる頃には、正しく数字を理解し、言えるようになっていました。

 

無事に言えるようになって、良かったね〜

ね〜

 

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

親子英語の「危機」と「乗り越え方」(小学校入学まで) 「親子英語」を実践していくと、様々な「危機」に遭遇します。「危機」を乗り越えるポイントは、その時々の状況に合わせて「英語を使う環...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です