よりいく
たのしさいっぱい
留学

発音を間違えて大変なことに!?「L」と「R」/「S」と「Sh」

「L」と「R」を間違えて、大変なことに!?

消しゴムを忘れてしまって、先生に消しゴムを借りたかった先輩のAさん。

イギリスでは、「消しゴム」はrubber 「ラバー」と言います。

“Can  I borrow your rubber? “「キャナイ ボロウ ユアラバー?」

先生、消しゴム貸して下さい。

と言ったところ、生徒たちが大笑いしたそうです。

 

これまた、その先生は大真面目な先生だったので、

私には愛人などおらん!

と怒ったそうです。

 

LRをしっかりと区別して発音できなかったので、Rの発音が出来ておらず、 L「愛人」を意味する lover になってしまったのでした。

Can I borrow your lover?

先生、愛人を借りてもいいですか?

そんなことを授業中に言われたら、先生だって怒るでしょう。

L R の区別は、イギリスでは大問題です。

 

他にも、よく間違いやすいのが、lice(シラミ) と rice(ご飯)

機内で聞かれることも多いですよね。間違っても、前者を頼まないようにしましょう。

決して、間違えてはいけない「S」と「Sh」

「座って下さい」と言いたいのに、しっかりと横に口を開かないと、

Sh○t down. と言ってしまっている方が多くいます。英語講師の中にもいます。

 

「間違えることを恐れずにどんどん発言することは素晴らしいこと」です。(その気持ちを汲んで、コロ助も、その場では訂正しないことが多いです)

でもできるなら、Sit down 「座って下さい」と言って欲しいですね。

“S”の発音は、日本語の「シ」のように言わないこと。しっかりと、横に開いて、「スィー」です。

さもないと、、、無理難題を要求していることになります(苦笑)

男の子はそういうネタが大好きなので、サスケ(息子)は喜びそうですが(苦笑)

へへっ
にほんブログ村 英語ブログへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です