よりいく
たのしさいっぱい
はじめる前に

日本にいながら、バイリンガルになる方法とは?

バイリンガルになる方法
  • 「バイリンガルになる方法」はみんな違う
  • バイリンガルになる「具体的な方法」
  • バイリンガルになる「可能性を高める方法」
  • バイリンガル育児はいつまで続けるべき?

コロ助は、

どうしたらサスケ(息子)がバイリンガルになるだろうか?

とバイリンガルになる方法を探していました。

インターネットでバイリンガルになったという人のブログを読んだり、本を借りて読んだり。

その結果分かったことは、「バイリンガルになった方法はみんな違う」ということでした。

 

というのも、お子さんの性格もみな異なれば、家族も違う。住んでいる環境や、友達、仲間だって違うのです。

親が英語が話せる家庭でバイリンガルになった子もいれば、話せない家庭でバイリンガルになった子もいる。

親が英語が話せても、バイリンガルにならなかった子もいる。

「こうすれば、絶対にバイリンガルになる!」という方法は無いのだということが分かりました。

 

また、「バイリンガル」と一言に言っても、「英語」と「日本語」を全く同じように扱えるレベルの「バイリンガル」は少ないでしょう。

大体が、どちらかの言語の方が使いやすいようです。日本人だけど、英語圏で育った場合は、やはり英語の方が使いやすかったり。

バイリンガルになる「具体的な方法」

イマージョンプログラム

コロ助が学生の時は、バイリンガルになるためには、「イマージョンプログラム」が効果的だと教授が言っていました。

「イマージョンプログラム」とは、インターナショナルスクールなどのような英語環境にまるごと浸かって、英語を習得していくものです。

 

しかし、「イマージョンプログラム」でなくても、日本でバイリンガルに育っているお子さんはいます。

オンライン英会話講師をしている時にも、そのようなお子さんと出会う機会があり、嬉しく感じたのを覚えています。

おうち英語、親子英語、国産バイリンガル、バイリンガル育児

おうち英語、親子英語、国産バイリンガル、バイリンガル育児などでよく言われている、三種の神器。

三種の神器
  • オンライン英会話
  • ワークブック
  • 多読

この3つを利用して、日本にいながら、バイリンガルに育ったお子さんもいます。

  • オンライン英会話は、アウトプットのため。
  • ワークブックは、英語で考える力を付けるため。
  • 多読は、新たな語彙を一人で学べるようになるため。「自力読み」できる力は、「消えない英語力」を育てることができると言われています。

バイリンガルになる「可能性を高める方法」

「やる気と目標」、そして、「続けること」が大切!

「やる気と目標」がキーポイント♩

中学生以上では特に、本人の「やる気」や「目標」があるかどうかが、「英語力」の「維持・向上」には鍵となるようです。

 

以前目にしたとある帰国子女の女の子のブログ。

彼女は、「英語力」を伸ばしていくためには、「英語の小説」をたくさん読んだそうです。

そしてある時、

「小説」ではもう知らない単語が出てこない

ということを悟り、読むものを「英字新聞」に変えたり、英語のニュースを聴いたりするようにして、バイリンガルになった、ということが書かれていました。

(どのブログだったか、メモしてなかったのが残念です)

「続けること」の大切さ

どのバイリンガルになった例でも、「続けた結果」、バイリンガルになる可能性が高いようです。

「昔はやっていたけど、今は何もしていない」「帰国子女だけど、日本に帰ってきてからは、忘れてしまったようだ」などと言っている場合は、やはり、お子さんがバイリンガルになるのは難しいでしょう。

バイリンガル育児はいつまで続けるべき?

「何をもってバイリンガルの完成とするのか?」の判断は、難しいと思います。

コロ助の知人の例をお話しします。彼女は日本人ですが、4歳の時にハワイに渡り、大学を卒業するまでは、ハワイ・アメリカ本土で過ごしました。

彼女いわく、

20歳くらいまでは、英語と日本語がチャンポンで、めちゃくちゃだった

らしいです。

今では、日本語・英語で話すだけでなく、「読み・書き」もできるバイリンガルです。

 

また、「バイリンガルの完成は22歳である」というのを、以前「バイリンガルの本」で目にした記憶があります。
(以下の本であったかどうか断言できないのですが、、、)

追記:上記の本p.63「家庭で外国語を育てる場合(1)20代を目標に長期的構えで」との記述を見つけました。

そこで感じたのは、「9歳で終わり!」「12歳で終わり!」というものではなく、「大人になるまで、ずっと続けいく必要があるのだ」ということでした。

気の遠くなるような取り組みですが、、、諦めずに「続けること」が、お子さんをバイリンガルへと導いてくれます。

諦めずに、一緒に頑張りましょう!!
ましょ〜!!
我が家のオンライン英会話は、IEAに決定!夏休み期間中に、ネイティブ講師とインターナショナルスクールのカリキュラムが売りのGSAを1か月無料体験しました。 しかし、ネイティ...
親子英語で役立つ海外のおすすめ「英語ワークブック」と「取り組む際の注意点」「親子英語」を成功させるためには、「ワークブック」「オンライン英会話」「多読」の3つが大切という考え方があります。 その1つの「ワ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です