よりいく
たのしさいっぱい
育児日記

威圧的な父親を貫き通すと、息子が精神的な腹痛で苦しむことになる?

いい子に育てると犯罪者になります (新潮新書) 岡本 茂樹 新潮社 (2016/3/17)

とある本紹介の特集を見ていたら、上記の本を見つけました。「読んでみたい」と思いながらも、まだ実際に手にしてはいません。

 

この本のタイトルを見て思い出したことがあります。以前、ママ友Aから聞いた男の子の話です。

Aさんは、大学生、高校生、小学生の三人のお子さんを持つママさんです。

お子さんの年齢が離れている分、それぞれのお子さんの世代のママ友がいます。

 

Aさんが私に、お子さんと一緒の高校生に入った同級生の話をしてくれました。

その同級生の男の子は、精神的にお腹が痛くなってしまうことが度々起きるので、うずくまって動けなくなってしまうとのことでした。

保護者会で親御さんが涙を流しながら、

息子が迷惑をかけるかもしれませんがが、よろしくお願いします

と他の保護者にお願いをしていたそうです。

 

父親が威圧的な「ことば」を使い、厳しく育て、お子さんの「自我」を無視して、言うことを聞かせ続けた結果、そのお子さんは心理的にお腹が痛くなるようになってしまったそうです。

父親が絶対的な力を振りかざした場合、特に男の子は、思春期を迎えると、精神的にバランスが取れなくなくなることもあるようです。

 

Aさんいわく、他の男の子のケースも知っているようで、

男の子は、父親との関係が物凄く大事

と教えてくれました。

父親の家庭での威厳を大切にしつつも、私は母親として、我が子の逃げ場になってあげたいな

と思っています。

 

私が子どもの頃は、両親に怒られると、必ず同居していた祖父母の部屋に行って慰めてもらっていました。

サスケ(息子)は祖父母とは同居していませんので、やはり、誰かが逃げ場となる必要があるなと思います。

「いい子に育てること」を目標にするのではなく、「外で頑張る」「内ではありのままの自分を出す」のが一番良いように思います。

 

でも最近の私の愚痴と言えば、、、サスケの父親に対する接し方と私への接し方が違うことです。

ピアノの練習なんかしたくない!

プールも辞めたい!

何でスプーンがないの!持ってきてよ!

プンプンプン

とサスケはすぐに私に怒ります。

サスケ、なんで、お父さんには怒らないのに、私にはすぐ怒るの!?理不尽じゃないか〜

 

そんな時は、私は、愛犬(女の子)と女子チームを組んで、

やっぱり、持つべきものは女の子よね〜

と当てつけに言うのでした。

 

そう言えば、私自身も昔は、優しい祖母や母には当たり散らしていたような、、、
息子に対してキレてるようじゃ、まだまだだな〜

と思うコロ助なのでした。

いつになったら、母親としての広い心を持てるようになるのやら、、、

 

子育てって、大変!

でもたからこそ、やりがいがあって、面白いな〜と思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です