よりいく
たのしさいっぱい

しつけで困っている親の救世主、Positive disciplineとは?

何を基準に「しつけ」をしたら良い?

コロ助は元保育士でしたが、園で預かっているお子さんたちとは違って、我が子は遠慮が全く無いので、一番大変だと感じています。

これは、他の保育士も同感だと思います。

こんな時、どういう風に対応した良いのだろう?どうすべき?

と思うことが多々あります。

また、保育士だって、具体的な「しつけ」の方法は人それぞれ違います。保育士によって対応の仕方も異なります。

どうするのが正解なのだろうか?

と保育士新人時代は思っていました。厳しい先生を見て、厳しく接するべきなのだと思って厳しく接していたら、

コロ助の良さが無くなったわね、、、

と言われたこともありました。

えっ!?では、どうしたら良いのでしょうか!?

 

その答えを探そうと、モンテッソーリ教育でも探してみました。

しかし、育児をしていて、子どもの困った行動に出会った時に「具体的にどのように対応したら良いのか?」ということまでは、モンテッソーリ教育は教えてくれませんでした。

では、親は一体何を頼りに、子どもと向き合えば良いの?

とコロ助は疑問に思いました。

Positive discipline 前向きなしつけの方法

そこで出会ったのが、Positive disciplineという具体的なお子さんへの接し方を教えてくれる方法です。

Positive discipline

Positive Disciplineとは、ジェーン・ネルソン博士によって提唱された、「前向きなしつけの方法」です。ネルソン博士は、Positive Discipline parenting books の著者でもあり、この本に基づいて、親向けのワークショップを開催しています。

コロ助は、Online Parenting Classを受講しました。69ドルかかりましたが、とてもためになりました。

 

一番印象強く残っているのは、「親が子どもの立場に実際になってみる」ワークショップの動画を見た回です。

親役は椅子の上に上がり、子ども役の親は低い位置で親役の話を聞きます。「普段お子さんに言っていることを話しかけて下さい」と確か司会者の方は言っていました。

親役は、高い位置から話し、「あれしなさい」「これしなさい」と命令口調であったり、「あれはダメ」「これはダメ」と威圧的に言ったりしていました。

 

コロ助もハッとしました。

背が高い親の言うことは、余程注意をして言わないと、お子さんにとっては、「威圧的」になってしまいます。

普段お子さんに言っていることを、もし、ご自分が高い位置から言われたらどう感じるでしょうか?

コロ助はサスケ(息子)に、

おもちゃを片付けて!
物を置いていかない!

と口うるさく毎日言っています。

同じことをコロ助が誰かに言われたら

そんなことは、分かってるよ。うるさく言わないで欲しい。

とコロ助なら思います。

 

そしてリビングを見渡すと、何とコロ助の物が散乱していることか、、、。

サスケはまだ、素直なので

コロ助だって、ちらかしてるじゃん!

とは言いませんが、サスケに言える資格はコロ助には全くないなと思いました。

サスケとコロ助は、片付けが苦手なので、これについては、本当に二人とも困っています。

 

このコースを受講したことで、サスケとどう向き合っていけば良いかという具体的な「しつけの方法」を見出すことができました。

「優しさ」だけでなく、「一貫性」を貫くことが大切だと学んだのもとてもためになりました。

「一貫性」を貫いたことでとても良かったと感じるのは、サスケの「先を見通す力」がついたこと、コロ助の「言動を信じてくれるように育ったこと」「切り替えが早いこと」です。

コロ助が信念を持って「ダメ」と言ったことは、サスケは、経験から、「ずっとダメ」ということを知っているので、「いつまでもずっと駄々をこねる」ようなことはしません。

「一貫性」は親子の間に「信頼関係」を築きます。

Mistaken Goal Chart:Positive Discipline

Positive Disciplineは有料の教材になりますが、無料でチャートがインターネット上にアップされています。

コロ助は友人にこのチャートを翻訳して紹介したことがあります。

このチャートは、「お子さんの真意が分りにくい年齢」3歳〜就学前に役立つと思います。

Mistaken Goal Chart – Positive Discipline

  • The child’s goal is: お子さんの狙い
  • If the parent/ teacher feels:親や教師の感情
  • And tends to react by: 親や教師の反応
  • And if the child’s response is: お子さんの反応
  • The Belief behind child’s behavior is: 行動の裏に隠されたお子さんの想い
  • How adults may contribute: 大人の結論
  • Coded messages: 行動の裏に隠されたお子さんの意図
  • Parent/teacher proactive and empowering responses include: 親や教師が前向きにお子さんを力づける対応例

残念ながら、現段階では日本語版は出ておりません。

日本語版が出て、もっと多くの日本の親御さんがこの方法論を知って、「お子さんのしつけ」に役立てて貰いたいなと願っています。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です