よりいく
たのしさいっぱい
健康・美容

高いアイライナーを買う意味はない?アイライナーメーカーの社長の話

アイライナーメーカーの社長の話

主人は化粧品を作っているメーカーの方とよくお話をする機会があるそうです。

アイライナーは、高額なものも、安いものも、ほぼ成分が変わらない。

という話をそのメーカーの社長から聞いたそうです。

外のパッケージが送られてくるので、その中にアイライナーを詰める。

詰めるアイライナーの素は、あるものは、少し粘り気を出してみたり。

でも実際その成分はほぼ変わらない。

ということだそうです。

 

その話を主人から聞いたコロ助は、こう思いました。

ということは、「ブランド物も、プチプラコスメも、ほとんど変わらない」ということ!?

外のパッケージに騙されちゃだめってこと!?

だとしたら、高いアイライナーを買う理由はあるの?

 

確かに、ブランド名が付いていると、何となく良さそうな気がしたり、安心感があったりしますよね。

でも、アイライナーに関してはそのようなことは無いようです。

 

百円ショップを頻繁に利用するコロ助。ふと気になりました。

では、百均のでも変わらないの!?

(アイライナーが売っているか確かめたことはありませんが、、、。)

と主人に聞くと、

目に入っても大丈夫なものしか使えないはずだから、そうじゃない?

との返答が。

でも、そう言われても、目に使うものを百均のものにする勇気は、コロ助にはまだありません、、、。

そう言えば、一昔前に、「酒しずく」という百均の化粧水が良いと聞き、使っていたことはあります。使った感想は、とても良かったです。今でも売っているようですね。

 

一先ず百均は置いておくとしても、アイライナーには、あまりお金をかけなくて済みそうだということが分かり、コロ助にとっては朗報でした。

丁度アイライナーが無くなったので、自信を持って(?)、ドラックストアでお手頃なものを購入したのでした。

にほんブログ村 子育てブログへ

カルグルト

販売累計30万包突破!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です