よりいく
たのしさいっぱい
はじめる前に

日本人だって自信を持とう!日本人が習得すべき英語とは?

日本人が習得すべき英語
  • 一口に「英語」といっても、「多様性」あり
  • 多様な英語に触れるメリット
  • 大切なのは、「言いたいこと」をしっかりと伝えられるかどうか
  • 日本人だって、自信を持とう!

一口に「英語」といっても、「多様性」あり


カナダ人の知人が、オーストラリア人のコロ助の知人の英語を聴いて、

なまっているね

と話していました。

 

アメリカ人の知人が、

カナダ人の英語は、私たちの英語の発音とは違うからね、、、

と言っていました。

 

人は、自分が生まれ育った国の「英語」が一番しっくりくるようです。

私たち日本人であっても、違う地域の方言を聞くと、「聞き慣れないな」と感じることがあります。それと同じかもしれませんね。

 

アメリカで育った知人と、オーストラリアで育った知人が、「日本の『かき氷』は英語で何と言うか」について議論していたこともあります。

shave ice(オーストラリア)     vs      shaved ice(アメリカ)

白熱した議論を繰り広げていたのを、コロ助は興味深く聞いていました。

英語と一口に言っても、「白熱した議論」を繰り広げるほど、「英語」には「多様性」があります。

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、南アフリカ、アイルランド、インド、フィリピンなど。

英語を「公用語」としている国は、他にも数多く存在します。

 

更には、日本の「インターナショナルスクールの英語」「アメリカ英語」もまた違うようです。

別の、アメリカで育った知人が、日本のインターナショナルスクールを卒業し、海外の大学に行ったタレントの英語をTVで耳にして

どうして彼女はアメリカの大学に留学したのに、アメリカ英語を習得しなかったのだろう?インターナショナルスクールの英語のままだね。

と話していました。

 

英語という「ことば」だけが独立して存在しているのではなく、それを取り巻く「環境」「文化」が異なるため、そこで使われる「英語」も違うということでしょう。「使用する語彙・表現」「発音」が異なっているようです。

多様な英語に触れるメリット

コミュニケーションの幅が広がる

コロ助は、アメリカ英語やイギリス英語は聞き慣れていますが、「ニュージーランド英語」にはまださほど慣れていませんでした。

日本語禁止の子育てサークルでの出来事。

子どもたちに何か質問を考えてくれませんか?

と参加者の親たちに提案したところ、ニュージーランドのママさんがこう提案してくれました。

Do you like pets?
??

コロ助は、”pets”がどうしても聞き取れません。二ュージーランドの ”e”の発音に聞き慣れていなかったのです。

何度かリピートして貰い、やっと理解することができましたが、その時はとてもショックでした。

彼女と会話している時には困ることは無かったのに、まさか、”e” が聞き取れないとは。

 

それから、ニュージーランド英語にも慣れなくてはいけないと思い、アプリの無料ラジオで「ニュージーランド英語」の番組を登録したのを覚えています。

そして今では大分聞き取れるようになりました。

アメリカ英語、イギリス英語だけでなく、色んな国の英語に触れることで、多様な英語を聞き取れるようになり、他の英語圏の方とも、コミュニケーションがスムーズに取れるようになります。

コミュニケーションの幅が広がります!

Youtube, アプリの無料ラジオなどで、様々な国の「英語」を気軽に聞けるようになったのは、とても有り難いですね。

 

自分の英語が洗練されていく

更には、自分の話す英語が、誰にでも聞き取りやすい、「洗練されたもの」になっていきます。

昔主人の予備校の英語の先生(日本人)が、ネイティブの英語の先生の発音を褒めていたそうです。

英語の先生(日本人)

B先生(ネイティブの先生)は、色んな地域(アメリカ内)で生活していた人から、彼の英語は、発音が洗練されていて、とても綺麗なんだよ。だから、君たちはラッキーなんだ。

ネイティブであっても、色んな英語に触れることで、話す英語が、万人にとって聞き取りやすい、洗練されたものへとなっていきます。

ネイティブの話す英語にも、聞き取りやすい「英語」があるのです。

日本語で言えば、ニュースのアナウンサーの日本語が聞き取りやすいのをイメージすると分かりやすいでしょう。

私たち日本人は、アメリカ人に聞き取りやすい「アメリカ英語」よりも、イギリス人に聞き取りやすい「イギリス英語」よりも、多様な英語に触れることで、多くの人にとって聞き取りやすい「英語」の習得を目指すべきではないでしょうか。

大切なのは、「言いたいこと」をしっかりと伝えられるかどうか

日本人の知人で、小さい頃に両親が英語でお子さんに話しかけていたので、「発音は完璧だけど、言いたいことを英語で話せない」という知人もいます。

「発音」は完璧なので、彼女の発音を聞くと、英語のネイティブが「話せる人」と勘違いし、物凄い速さで話しかけてくるので、返答に困ると言います。

返答できずにいると、沈黙が起こるというのを、彼女は何度も経験し、ネイティブとのコミュニケーションを取ることに対して、悲観的になっていました。

「発音」が完璧でも、「言いたいこと」を英語で伝えらなくては、コミュニケーションとして成立しません。

大切なのは、「発音を完璧に発音することよりも、『言いたいこと』をしっかりと伝えられるかどうか」だと思います。

日本人だって、自信を持とう!

ネイティブと同じ「完璧」な発音でなくても、相手が聞き取りやすい「発音」であれば、コミュニケーションをする時に支障はありません。

例えば、インドの国の方と英語でおしゃべりをすると、日本人にはとても聞き取りづらいアクセントだと感じます。

しかし、インドの方は、スピードを緩めることなく、どんどん話すことが多いように感じます。

「伝えたいこと」をしっかりと持ち、それは伝わるであろうという「自信」があるからなのかもしれません。

 

日本人にもそれくらいの「自信」があっても良いと、コロ助は思います。

日本人のみなさん、ご自身の英語に自信を持っていきましょう!
お〜!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です