よりいく
たのしさいっぱい

小学1年生におすすめの本(算数絵本、図鑑、クイズブック編)

小学1年生におすすめの本

算数絵本、図鑑、クイズブック編

世界の国ぐにクイズブック (小学館キッズペディア)2014/2/19 永須 徹也 (編集), 春日 和夫 (編集)

色んな国に親しんで貰いたいと思い、図書館から借りてきました。私が個人的に好きなのは

「アラブ首長国連邦で人気のスポーツは?」です

小1年生の息子(サスケ)が最も食いついていたのは、「マレーシア、国技のセパタクローはどんなスポーツ?」のページを見ると、我が家にもセパタクローのボールが何故かあるので、

持ってるやつだ!

と喜んでいます♩

あとは、モンゴルの「遊牧民はどうして布の家に住んでいるの?」のページでは、

あっ、この間お父さんが行ったモンゴルだ!

と興味津々。色々繋がるようです。

はじめてであうすうがくの絵本1 (安野光雅の絵本)1982/11/20 安野 光雅 (著, イラスト)

こちらも図書館から借りてくると、息子と主人で楽しそうに読んでいました。

「算数の勉強」というと身構えてしまうけれども、楽しい親子の読み聞かせタイムとして、二人でクイズに答えながら楽しんでいました。

近頃は、私がストーリのある児童書を読み聞かせし、こういったクイズ本や図鑑などは主人が読むことが多いです。

私は物語を読み聞かせする方が好きなので、親の好みで自然と分かれますね。

うごきのことば (言葉図鑑(1))1985/10/1五味 太郎

created by Rinker
¥1,512
(2019/08/25 17:45:12時点 Amazon調べ-詳細)

五味太郎さんのイラストで描かれている「ことば図鑑」です。

「どうかな〜」と半ば半信半疑で図書館から借りてきましたが、サスケと主人で楽しそうに見ていました。

そんな様子を見て、私も興味が湧き、どれどれと思って見てみると、これが面白い!

 

まず、五味太郎さんの絵。さすがです。お見事!としか言いようのない「ことば」を物語るイラスト。

文によることばの説明は一切ありません。絵だけが、そのことばの意味を物語っています。

なんとも味わいのある絵なので、「絵本」のように楽しむことができます。

絵本作家だからこそ作ることのできた「言葉図鑑」。

 

この図鑑でことばに対する興味を養ってから、文字だけの「国語辞典」に移る方がスムーズだと思います。

小学1年生になり、文字が読めるようになったので、サスケは、気に入った絵を見つけると、その文字を読んでいます。

さがる」だって(笑)。プールのページにもあったよ!

 

今回借りてきた本3冊の中で、ずっと家に置いておきたいと私が感じるのは、「言葉図鑑」です。

10冊まであるようなので、サスケの様子を見ながら、少しずつ揃えていきたいです。

「読み聞かせ」は、何歳まで続けるべき?「読み聞かせ」は、何歳まで続けるべき? 七田式教育では、「1日30分の読み聞かせは金の卵を産む鶏を育てる」と言われています。 「...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です