よりいく
たのしさいっぱい

小学1年生におすすめの本(ガラスのうま)

小学1年生におすすめの本(ガラスのうま)

ガラスのうま

created by Rinker
¥1,320
(2019/12/07 18:53:56時点 Amazon調べ-詳細)

小学1年生のサスケに読み聞かせをした中で、一番長い長編でした。5、6日かかって読み聞かせをしました。

表紙のイラストを見ると、サスケの好きなアニメテイストや面白そうな絵ではないため、あまりサスケが惹かれている様子はありません。

え〜、これ読むの?

しかし、読み始めると、一気にファンタジーの世界へ。サスケも夢中で聞いています。

 

怪我をしたガラスの馬が走り出し、その馬を追う男の子の冒険が始まります。

主人公の男の子は、優しくて、責任感のある男の子。冒険の最中には、男の子を惑わすような、誘惑もあります。

物語の世界に引き込まれながら、とても楽しく読み聞かせをすることができました。

ガラスの世界に行ってみたい!

この本の魅力は、一言で言うと、

ガラスの世界が面白い!

人間とは違った、ガラスの世界。ガラスの動物の赤ちゃんが泣くと、何が床に落ちる?まるで「音」まで聞こえてきそうです。

白黒の挿絵には、ガラスの世界が巧みに描かれています。

ガラスの世界に行ってみたい!

と読み聞かせをしながら、思わず感じるほど。

読み聞かせをしながら、物語の世界へこれほどまでに引き込まれたのは久しぶりです。

「?」を楽しむにはまだ早い?

一方、小学1年生のサスケは、このファンタジーを楽しく聞いていましたが、まだ理解しがたい部分もあったようです。

どこがガラスの世界への入り口?

ガラス山の世界から戻ってきたら、そこにいたのは、ガラス山のお母さん、それとも、自分のお母さん?

などといったように、頭に「?」がたくさん浮かんだようです。

この「?」を楽しむのも、物語の楽しみ方ですが、その面白さが分かるのには、もう少し時間がかかるようです。
「読み聞かせ」は、何歳まで続けるべき?「読み聞かせ」は、何歳まで続けるべき? 七田式教育では、「1日30分の読み聞かせは金の卵を産む鶏を育てる」と言われています。 「...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です