よりいく
たのしさいっぱい

小学1年生におすすめの絵本・本(コんガらガっち)

小学1年生におすすめの絵本・本

 

いつになったら、自分で本を読むようになるのかな〜?

とコロ助は思っていました。

「読み聞かせ」の大切さはもちろん知っています。小学校卒業するくらいまでは続けたいと思っていますが、それでも、

何か「自力読み」を促してくれるものはないなか〜

と探していた時に出会ったのが、「コんガらガっち」シリーズです。

コんガらガっち どっちにすすむ?の本 作:ユーフラテス 小学館

created by Rinker
子どもの文化普及協会
¥1,296
(2019/08/25 09:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

「自力読み」への「橋渡し」

平仮名はなんとか読めるようになったけれども、中々自分で絵本や本を読もうとしないサス(息子)の為に選んだ1冊です。

これは、絵本ですが、「迷路」のように道が出てきます。そして、途中で、「自分だけの選択」をすることができます。選択をした道を指でたどっていくと、それぞれ、別の結果が待っています。

 

絵本を買って初めて読む時は、「こっちを選ぶと、どうなるのかな?」と「ドキドキ、ワクワク」した気持ちで読み進めていくことができます。

2回目からは、結果を知っているサスケは、

こっちだとあれだしな〜、ん〜、どっちにしようかな〜、やっぱりあっちがいいかな〜

と、「選ぶ楽しさ」を味わっています。

 

「遊べる本」でありがちなことですが、「一回読んだら、もう読まなくなってしまうかな?」と心配しました。しかし、時々思い出しては自分で読んでいますので、買って無駄ではなかったと感じています。

「文字がたくさん書いてあって、内容のしっかりした本」を求めている方には、この絵本は合わないと思います。

 

この絵本は、

「スラスラ読めないから、自分ではまだ絵本を読みたくない」
「読んでもらうのは好きだけど、自分で読むのはちょっと、、、」
「絵本って、つまらないよな〜」

なんて思っているお子さんにぴったりです。

「自分で道を選択できる、遊び心いっぱい」のこの絵本を手にすれば、サスケのように、「自分で読んでみようかな?」とお子さんが思えるかもしれませんね。

「自分で選びたい」という「子ども心」を良く理解した作者が、子どもたちの「自力読み」への「橋渡し」として、この作品を作ってくれたようにも感じます。

ことばの「センスを磨く」

また、この絵本のもう一つの面白さは、「ことば遊び」を取り入れているところです。

主人公の「いぐら」は、「二つの動物」がくっついてできています。「たらす」「きくい」などもでてきます。

「ことばの響き」や「絵の形」を見ながら、何と何と生物がくっついてできたことばなのか考えるのも、この絵本の、また別の楽しみ方です。

絵本の最後のページに色々な「コんガらガっち」が出て来ますが、サスケに

なんだと思う?

とクイズを出されたりもします。

また、二つの動物をくっつけて、自分なりの「コんガらガっち」を作って、クイズを出してくれたりもします。

ことばを意識したり、ことば遊びを楽しんだり、「ことばのセンスを磨く」きっかけとなり得る一冊です。

あたまが コんガらガっち劇場 作:ユーフラテス 小学館

created by Rinker
¥864
(2019/08/25 09:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

「時間を潰したい時」の良いお供

サスケが、『コんガらガっち』の絵本を楽しそうに読んでいたので、しばらくしてからこちらを本屋で見つけて購入しました。

「4コマ漫画」と「頭を使うクイズ」が収録されています。

先の絵本と違って、大きさは、コミック本くらいの大きさで、ページ数が多いです。買ってから数ヶ月経ちますが、まだ全てを読みきっていません。

絵本に比べて、字が小さくて、印刷は白黒のみですが、ボリュームがあるので、「より長い期間」楽しむことができます。

旅行に持って行ったり、習い事の送迎中に読んだり、「時間を潰したい時の良いお供」となると思います。

更に、表紙の裏側には、「コんガらガっち」(二つの動物がくっついてできた生物)が全員集合しています。その数なんと、「144」。上の絵本では、「18」です。

表紙の裏を眺めたり、クイズを出したりして、長時間、楽しむことも出来ます。

この本を読む「タイミング」

絵本で「コんガらガっち」を好きになったお子さんが、更に別の「コんガらガっち」シリーズの絵本を買う。或いは、こちらの「4コマ漫画&クイズ本」を買うのが良いかと思います。

または、

「4コマ漫画が好きなお子さん」
「クイズ本が好きなお子さん」
「白黒でも、文字が小さくても、嫌でないお子さん」

でしたら、問題なく、こちらの本を買って、楽しむことができると思います。

「ことば遊び」もできるし、「自力読み」にも繋がる。あなどれないぞ、コんガらガっち。
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ
「読み聞かせ」は、何歳まで続けるべき?「読み聞かせ」は、何歳まで続けるべき? 七田式教育では、「1日30分の読み聞かせは金の卵を産む鶏を育てる」と言われています。 「...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です