よりいく
たのしさいっぱい
育児日記

小学1年生の「自我」と親はどう向き合うか

ある朝のできごと

朝学校へ行くまでに、30分程度時間があったので、raz-kidsで英語の本の音読をサスケ(息子)に勧めてみました。

アウトプット強化として、サスケのリーディングレベルAよりも上のレベルCを提案しました。

レベルCになると、ネイティブの発音の後にリピート、自力で音読、内容に関するクイズがあります。

1冊読んだだけで、いつもよりも多くのポイントを獲得することができたサスケさん。

ヤッタ〜!!

と大喜びしています。

そして、

ロボットの腕を変えるんだ!!

と言います。

私が、

出るまでに5分しか無いよ。
トイレは行かなくていいの?
友だちと今日は行かないの?

と口うるさく言っても、サスケの耳には届いていない様子。

 

案の定、お友だちと約束の時間になり、インターホンが鳴ります。

そして、コロ助が、

遅くなっちゃったから、先に行っていていいよ〜

と伝えると、

何でそんなこと言うの!!いじわるっ!!

と怒っています。

 

思わず私は、怒って言い返しました。

だって、さっき言ったでしょ!?
それに、お友だちを待たせてしまって、みんなが遅刻したら、サスケのせいになるんだよ!それでもいいの!?

そんなこんなで、プンプン怒っての朝のお見送り。

後味がすっきりしません。

サスケ、朝一人で学校へ行ったんだろうな。
寂しかったかな、、、

小学1年生の心の変化

小学1年生になったばかりの時は、

一日中椅子にずっと座っているのが嫌だ

と言っていました。

今でも時々、

勉強しなくて良かった時に戻りたい

と漏らしています。

 

また、自分のことを、

まだ先生に怒られたことが無いんだ〜

とも言っています。

学校ではどうやら優等生らしい?サスケさん。

自分を抑えて、やりたくないことも頑張ってやっているようです。

そのストレスから来ているのか、それとも、心の成長から来ているのか、、、

私が、今までしていたように強く言ったり、きつく叱ると、サスケは怒ったり、怖がったりするようになりました。

 

強く言っただけでも、

そんな風に怒らなくてもいいいでしょ!

とわめくことがあります。

私がサスケに理不尽なことを言われて、カッとなり、サスケがしているように怒り返してみるとと、サスケが突然、

わぁ〜

と大泣きしたこともありました。

小学1年生の変化と親の対応

  • 心も体も頑張っている
  • 親は今までと同じように対応してはいけない
サスケの心と体の変化を受け止めて、私自身の対応の仕方を変えていかないといけないな

と学びました。

特に、「怒る」ことに対しては、サスケは敏感になっているようなので、ドカンと「怒る」前に、「諭す」「穏やかに伝える」など、私自身ができるだけ冷静になって伝えられるように努力したいと思います。

 

先日、「怒りのマネージメントコントロール」の本を読みました。

具体的な怒りの収め方が色々書いてあり、とても興味深かったです。

怒りのピークは6秒など、怒りを鎮める具体的な方法が書いてありました。

早速試してみたいなと思っています♩
created by Rinker
¥918
(2019/06/27 10:26:14時点 Amazon調べ-詳細)

にほんブログ村 子育てブログへ



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です